トップイメージ
外国為替証拠金取引で投資する魅力は単品の投資の商品であるのに投資期間を「短期」「中期」「長期」の3つの期間からどれをチョイスするかということにより、資金を費やす手だてがまったく異なってくることにあります。まず外国の貨幣へ投資の「長期」について考えてみよう。長期投資というのは、一年以上の投資を基本としているのです。だいたい為替のレートで一年以上も後々の為替のレートが円高と予想するか、ないし円安かを予想するのは、たいてい難問に近いです。普通は、「それほど後々の動向は予知できない」となるのが当たり前かと思います。予測もできないものを考えようと努力しても、それは無謀なことです。そのことから外国の貨幣を買ったら、そのレートよりも円高になったとしてもその損失分は少し経てば返ってくるはずだという気持ちで売り買いに挑むことが大事です。為替の差益を何が何でも上げることよりも、それ以外の収益、つまりスワップポイントを大きくするのを、一番のターゲットということでお金を預けましょう。もちろん、少しの期間で為替差損に損がかなり膨らむこともあります。よって、そんな差損があっても耐えうるよう、レバレッジを最小限で売り買いする心がけは必要です。外国為替証拠金取引(FX)は為替差損が決まった金額を上回って広がると追い証(追加保証金)が発生したりまたはロスカットになったりします。ストップロス(ロスカット)をすることになったら、すぐに売り買いを決済することになり長期取引が厳しくなります。このようなリスクを回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍くらいでトレードするのが安心かと思います。第二に中期の投資のやり取りです。中期投資のケースでは、1?2ヶ月程経った頃を推測しての取引を行います。為替のトレードの場合、約1ヶ月後のことであればほとんどの場合、推測できるな場合が多いでしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などのような国際的な議会や市場に参加している人たちが何を事柄に着目しているかを調べれば、だいたい、見通しがきくのです。このようなファンダメンタルズをチェックしながらなお、チャートをチェックすることで、為替のレートの動きを理解できるようになり取引を決めるべきです。基本的に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニックのどっちも良い感じでありもしくはどちらも買い傾向が同じ時はほとんどのケースでは判断した通りに変動すると思って良いのです。そうしたら持ち金を増やしておく事で大きな儲けをもらえるはずです。第三に短期スタンスの要点。ここでいう短期のスタンスというのはつまりはデイトレーディングを意味しています。為替市場でデイトレードを行う際経済情勢はいっさい絡まないと明言していいです。次の日の為替レートの変化に経済情勢は影響しないからです。ここでの一番のコツは目立った事柄がある場合、それに影響されて為替相場が変化する一瞬を逃さないようやり取りすることです。例を挙げると、アメリカ合衆国において雇用の情勢が発表される、ないしは金融会議などによって制作金利が変化するという催し。こうしたタイミングに変移を捉えるという意味合いから、短期スタンスは多様なデータが必須となる。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.revistaproductosdelmar.com All Rights Reserved.