トップイメージ
事故が起こった際、自らが被害者であったとしても、相手方が手落ちを一切認めない場面は存在します。仮定として、意図的に起こってしまったのではなく注意散漫で自動車をぶつけられた場面などにそういう押し問答につながってしまうケースがあります。とは言って現場で車だけの物損され、後で後遺症が出た際に、かかった病院の参考になる診断書出すというのは遅れを取るというのはしょうがなくなります。それならば事故の過失割合はどんな判断基準があるのでしょうか。正しく言いますと、警察が決めるのは主として自動車事故の大きな過失が認められるのはどちらかということであり、割合ではないのです。決定された事故責任者が警察からはっきりする事はケースはないです。このため、過失の割合がどうなのかは事故に関わった人たちの相談によって決定されこれが自動車事故の賠償の基準となります。この時、両者共に車の任意保険に加入していない場合には、お互いが直接的に話し合いするしかありません。だけど、当然この方法では、感情的な口論になる危険性があります。それに加えて、互いの主張に差があればまかり間違うと、係争にまではまり込む、それでは多くの時間と費用のかなり大きな負担は避ける事が出来ません。このためほとんど事故に関わってしまったそれぞれのドライバーに付く自動車保険会社、そういったお互いの保険会社に交渉を一任する方法で、妥当な過失割合を客観的に決めさせるのです。その時自動車の保険の会社はそれまでの自動車事故の裁判によって導きだされた判定から算定した基準、判断例等を参考に、推測と相談を活用して「過失割合」を算出します。とは言っても、事故の際には、不幸にも関わってしまったのか原因となってしまったのかの状況を問わず、真っ先に警察に電話するのが鉄則です。その後、保険の会社にやり取りをして今後の交渉を委任するのが手順となります。その順序さえ把握していればそれぞれの無意味な交渉となるケースを回避できます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.revistaproductosdelmar.com All Rights Reserved.