トップイメージ

お店において使う際にもれなく経験したことがおありではないかと思いますが店頭の人が不慣れなためにどちらのレシートを利用者に対して渡すのか迷うことがおありかと思います。レモンもつ鍋

というのも、クレジットカードを処理すると専用端末より数枚の明細が印字されるからであり、この明細の中のどの明細をお客さんへ差し出すのか迷いやすいということがあります。腸内洗浄

複数枚の使用レシートの説明これらの明細についてはいかなるものかというのは、以下の記載の通り。美容クリーム 40代

1利用者に渡すレシート。どこも同じじゃない☆デコルテ脱毛はエピレがおススメ

2店舗で保管するレシート。

3カード会社控え用のレシート(署名する紙)。

本来であれば例外なく利用者に渡さなければいけない利用レシートを渡されるのが正しいのですが時として別の使用レシートをお客さんに対してミスして渡してしまったというケースや署名した利用レシート自体を渡してしまうというという痛恨のミスなども存在するのです。

このケースは時間給従業員であるとか通常カードというものが利用されない店舗などでクレカを使用する際、こんな店舗従業員の焦りが拝見することが出来るでしょう(笑)。

いつの日か店員が上記のようにレシートを提示してきた際には親切に「これは違いますよ」と一言教育してみてはいかがでしょうか。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.revistaproductosdelmar.com All Rights Reserved.