トップイメージ

車を売る場合、それから所有車の買取の際も印鑑証明が必要です。

この印鑑証明というものについて解説していきます。

印鑑証明書とは実印であることを証明する正式な書類です。

これがないのであれば使っている印鑑が実印であることが証明できません。

大金が動く商談になる車の買取のため、必然的に実印が必要になりますが、それと一緒にこの印鑑証明も必要となるのです。

印鑑証明書を交付してもらうには、事前に印鑑証明をする必要があります。

印鑑証明書に登録する印鑑は正式には実印と呼ばれていて同じものが二つとない判子であることが必須です。

この印を用意してお近くの市町村役場の窓口へいけば印鑑登録をすることができます。

手続きが済むと、印鑑登録カードが交付されその印は実印ということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうためには、役所の受付へ出向き専用の用紙に必要事項を記入して印鑑登録カードを持って行くだけです。

そして、自動交付機でも印鑑証明書を交付してもらうことができます。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

そのためどんなに前の印鑑証明であろうが証明書としての効力は続くのです。

ただ、自動車買い取りの際は、印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものである必要があります。

普通は期限を定める必要はないのですが、中古車の買取の際には買い取り先の業者が必須となる有効期限を決めているので、仮に中古車の買取の予定があるのであれば、用意しておくことが必要です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.revistaproductosdelmar.com All Rights Reserved.