トップイメージ

民事再生は住宅ローンなどもある多重債務に苦しめられている個人を救済するためにマイホームを維持したままで経済的に立ち直るために法的な機関による債務整理の手段として平成12年11月にスタートした手段です。kodakra 栄養素

この法律には、破産宣告とは違い免責不許可となる要素はないので散財などで借金ができたのであっても申請はOKですし、破産申請をすれば業務不可能になるような資格で収入を得ている人でも民事再生手続きは検討できます。スマートレッグ

破産手続きの場合は、住んでいる家を手放さないことは不可能ですし、その他の選択肢では元金自体は払っていかなければなりませんので住宅ローンも返しながら完済するのは多くの場合は簡単なことではないでしょう。債務整理

とはいえ、民事再生を選ぶことができれば、住宅のローン以外の借金額は相当な額を減額することができますので、余裕をもって住宅のローンを返しつつ借入金を返していくことが可能というわけです。60代女性薄毛

しかしながら、民事再生は任意整理と特定調停と異なって特定の借り入れだけを除き手続きを行うことは考えられませんし破産宣告の際のように借り入れ金自体がなくなってしまうということではありません。ヘルシアーナ水素

さらに、他の債務整理に比べ処理が複雑で期間もかかりますので住宅のためのローンがあって住んでいる家を維持したい場合等以外で、破産手続きのようなそれ以外の解決策がない際の限定的な手続きと見ておいた方がいいでしょう。財宝焼酎

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.revistaproductosdelmar.com All Rights Reserved.